出入金にSkrill(マネーブッカーズ)を利用する

Skrillは元はマネーブッカーズというオンライン決済会社
オンラインカジノで楽しむブラックジャックは実際に賭け金などのやり取りがあるので、オンラインカジノの運営会社内に口座を作らなければいけません。しかし、日本の法制上、日本国内にオンラインカジノの運営会社は設立できないので、すべてが海外の会社になります。となると、口座を開設しても資金や賞金の出入金がかなり困難になります。

 

しかし、オンラインで決済ができるサービスを利用すればその問題は解決します。一般的に利用されるのはネッテラーやSkrillです。Skrillは以前マネーブッカーズという名称でしたが、名称が変更されています。

 

Skrillはイギリスのオンライン資金移動サービス会社で、ヨーロッパを中心に世界中で幅広く利用されています。口座維持費が無料で、各種手数料も格安なのが魅力です。

 

Skrillで口座開設をすれば、銀行からの出入金かクレジットカードでの決済を選択できます。銀行は日本のメガバンクならほとんどが利用可能です。
オンラインカジノの運営会社自体でも各種送金方法がありますが、最近はまずネッテラーかSkrillで登録する方が圧倒的多数です。どちらかといえばネッテラーが多いですが、Skrillにも登録しておけば、ほぼすべてのオンラインカジノサイトを利用できますので便利ですね。

 

Skrillの大きなデメリット

Skrillが日本人にあまり好まれない大きなデメリットがひとつあります。それは日本語のサポートがないことです。ネッテラーは24時間体制で日本語サポートを用意しているのに対し、Skrillのこの対応は英語が解らない人に致命的とも言える要素になります。

 

もし英語に問題がない方であれば、オンラインカジノだけでなくオンラインショップなど様々な電子決済で使用することができるので利便性の高さがあるSkrillはオススメです。

 

ほかにも口座開設が無料であることや小切手での出金可能であること、日本の銀行へも送金できる点などメリットは大きいです。日本の銀行に送金が済めばただちにATMで賞金を引き出して現金化ができるので、非常に便利なのです。