ブラックジャックは儲かる可能性が高い

ブラックジャックが儲かるかどうかは還元率を見よう!

 

ギャンブルは大きく分類すると親となる胴元が存在するものとプレイヤー同士が行うものになります。オンラインカジノは性質上どうしても前者になりますね。当然ながら胴元となる運営会社は利益をあげられないのにカジノを経営するはずがありません。つまり、運営会社が必ず勝つようなシステムが構築されていることは大前提です。
しかし、オンラインカジノのブラックジャックが儲からないのかというとそうでもないんですね。もちろんギャンブルですので負ける人が出てくるのはわかりきっていますが、例えば街中にあるパチンコに比べたらブラックジャックの方がよほど儲かりますよ。これには「還元率」というのを見なければなりません。
還元率はペイアウト率とも呼ばれますが、プレイヤーが手にする利益の割合です。
運営会社はプレイヤーが賭けた金額の中から一定の率で手数料などを差し引きます。これを控除率またはハウスエッジと呼びます。賭け金の総額から控除率を差し引いた残りをプレイヤーが分け合うのがカジノです。当然ながら運営会社が有利になるようなシステムにはなっていますが、控除率が高い業者は還元率が低く、逆に控除率が低くいと還元率が上がります。
オンラインカジノは控除率が低いので、ほかのギャンブルよりも儲けが多いのです。

 

 

オンラインカジノの還元率は?

 

では、オンラインカジノの還元率はどれくらいでしょうか。
カード・ゲームだと97%前後が多いです。この数値はゲームやその開催ごとに変動するので平均値ですが、これだけ高いのです。ほかのゲームを含めても一般的なオンラインカジノの還元率は95%くらいと言われています。
日本のパチンコ店では公表の義務がないので推測ですが、還元率は70%くらいだろうと言われています。もっと言えば、競馬では売上額の2〜3割が控除率ですし、宝くじは販売総額の約半分が持って行かれています。
こう見れば、オンラインカジノのブラックジャックは勝ちさえすれば儲けは大きいということになります。基本ルールを学んで戦略を練れば勝率も上げられるので、パチンコや競馬で稼ぐよりは断然ブラックジャックだと言えるでしょう。