スプリットで2倍ゲームを楽しむ!

同じカードなら分けて2ゲーム分にしてしまおう
スプリットもダブルダウン同様、プレイヤーのみが行使できる権利です。最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、カードを分けて独立したふたつのゲームとしてプレイできるというものです。ダブルダウンと違い、ヒット回数に制限はないのでよりスリルあるゲームを楽しめます。ただし、例外的にAのペアだけは1枚ずつしかカードを引けませんが。

 

例えば、配られたカードが8と8の場合、これを16としてプレイするか、スプリットして独立した8の手としてプレイするかということになります。このとき、賭け金をもうひとつの手にも同額賭けることになります。ここもダブルダウンと違う点があり、もし片方が負けてももう一方は勝つかもしれないので、賭け金すべてを失うとは限りません。

 

つまり、ダブルダウンのように2倍の賭け金ということではなく、同時にふたつのゲームを進行しているというイメージになります。これがスプリットです。

 

どんなときにスプリットするべきか

基本戦略としてはどんな場合にスプリットするべきなのでしょうか。
基本的には最初に配られた2枚のままでは勝てそうもない場合、もしくはディーラーのアップカードがバストしそうな場合です。下記の条件のときは特にスプリット実行のチャンスでしょう。

 

・Aのペアと8のペアでは必ず行う
・5のペアと4のペアは絶対にスプリットしない
・9のペアは、ディーラーのアップカードが9以下でスプリット。ただし、アップカードが7ではスタンド
・6のペアは、ディーラーのアップカードが6以下でスプリット。ただし、アップカードが2ではスタンド
・2のペアと3のペアはディーラーのアップカードが4〜7のときだけスプリット

 

つまり10と10のペアではすでに20なので勝てる可能性が高いわけですからスプリットは絶対にしません。逆にディーラーのアップカードが10や9では手持ちによってはわざわざスプリットして失う金を倍にする必要はないのです。これは経験的に憶えていくべきでしょう。

 

スプリットを行う場合、本物のカジノではダブルダウン同様に賭け金をテーブル上に出すだけでいいのですが、場合によってはディーラーからスプリットかダブルダウンかを訊かれるでしょう。オンラインカジノはそれぞれのサイトデザインで変わってくるので、登録したサイトで確認してみてください。

関連ページ

ダブルダウン